婚姻中に不動産を購入し、住宅ローンが残っているときの離婚には注意が必要です。

一番簡単な対応パターンは、不動産を売却し金銭の問題として処理することです。

問題は、不動産を残す(住宅に住み続ける)場合です。

1.家の名義人(夫)が住み続け、夫がローン債務者である場合

自分の家に自分が住み続けるため、このパターンは簡単です。
不動産の時価とローン残高の差額が財産分与の金額となります。

2.家の名義人が住み続けるが、ローンの連帯保証人(連帯債務者)などに配偶者がなっている場合

財産分与の考え方は1.と同じですが、例えるなら、お金にルーズな夫がそのまま住み、妻は実家に帰るがローンに名前がある状況で、妻に支払い請求がくるのではないかという不安があります。
ローンは銀行との契約で、離婚したからローンを払いませんとはいきません。完済が基本です。銀行との話し合いで連帯保証(連帯債務)から抜ける同意が得られればいいのですが、難しいのが現状です。銀行も回収できなくなることを避けたいので、替わるものを用意する必要があります。
①住む人単独名義でローンを借り換える
②住む人の身内など新たな連帯保証人(連帯債務者)を立てる
③抵当権や別物件を担保にする

3.家とローンは夫名義で、妻が住み続ける場合

この場合、夫は自分が住むわけでもない家のためにローンを払い続けるか、ローンを支払うことができなければ家を出ていかなければならないという点で2.よりも更に妻は不安定な状態になります。
まず、離婚して財産分与で家をもらったからといって勝手に名義を変更することは待ってください。
抵当権設定の契約書には、銀行の承諾なく名義変更してはならないと書かれていることが多いからです。

家をもらうときは、離婚前にローンをどうするかを検討する必要があります。
①妻に十分な収入があれば、ローンの名義変更か借り換えができるかもしれません。
②①が難しければ完済を待つ方法もありますが、不安定な状態が長期間に及ぶため、離婚協議公正証書で取り決めをしておく方がよいでしょう。