離婚公正証書の費用

公正証書は公証役場で作ってもらいます。
そのため、手数料を支払わなければなりませんが、その計算方法が少し複雑です。

価額手数料
100万円以下5,000円
100万円超~200万円以下7,000円
200万円超~500万円以下11,000円
500万円超~1,000万円以下17,000円
1,000万円超~3,000万円以下23,000円
3,000万円超~5,000万円以下29,000円
5,000万円超~1億円以下43,000円
1億円超~省略

離婚協議の場合、「慰謝料・財産分与」と「養育費」が主な金銭の取り決めになりますが、別の法律行為としてそれぞれの価額から手数料を算定し合計金額が手数料となります。ただし、養育費のように長期に渡る内容であっても10年分を上限として価額を算出します。