法定後見の費用・必要書類

法定後見は家庭裁判所への申立になります。
申立手数料:800円
登記手数料:2,600円
約4,000円の郵便切手代(裁判所による)、鑑定料(5~10万円程度)

必要書類

申立人の戸籍謄本
本人(被後見人)の①戸籍謄本 ②住民票 ③登記されていないことの証明書 ④診断書
成年後見人候補者の①住民票(本籍表示あり) ②登記されていないことの証明書 ③市区町村発行の身分証明書

任意後見の費用・必要書類

任意後見公正証書は公証役場で作成してもらうため、約2万円の手数料(主な内訳は下記)がかかります。

1契約:11,000円(枚数が増えると加算)

病院などに出張してもらうと、その分の日当などが加算
例えば移行型で財産管理委任契約も付ける場合、2契約となります

登記嘱託手数料:1,400円

収入印紙代:2,600円

必要書類

被後見人・・・・①印鑑証明書 ②戸籍謄本 ③住民票
任意後見人・・・①印鑑証明書 ②住民票
その他、本人確認のための身分証明。場合によっては診断書、財産目録や不動産の証明など。

当事務所への報酬

サービス・料金のページにも記載していますが、任意後見契約書の作成料金は3万円~になります。
任意後見の移行型のように財産管理委任契約も付けたり、見守り契約・死後事務委任契約なども加えると料金は加算されます。

後見人の引き受けは、月額2万円~になっています。