協議離婚の場合、離婚届を提出するだけで離婚が成立します。
しかも離婚届は当事者が提出しなくても、第三者に持って行ってもらっても、郵送でも受け付けてもらえます。
簡単に成立する割に、一度受理されると「勢いで出してしまっただけだから取り消してほしい」、「知らない間に勝手に出された」、「私は署名押印していない」と言っても無効にならないという面倒なことになります。(もちろん離婚届を偽造し、離婚を成立させることは犯罪ですが、それでも離婚は無効になりません。)

離婚届を提出するのにも少し慎重になった方がいいこともあります。
「離婚はしたい。でも協議が決着しないのに、先に離婚はできない。」と考える妻と、「一刻も早く離婚してしまいたい」と考える夫がいるような場合、妻は離婚届の不受理申出を市役所にしておくと、離婚届は受理されません。

ただし、不受理申出の有効期間は6ヶ月ですので、長期にわたるときは6ヶ月ごとに更新する必要があります。

この不受理申出は届出人が取り下げるしかありません。
例えば慰謝料や財産分与を払いたくないからと、離婚に応じず不受理申出も出されているとき、慰謝料や財産分与を放棄するのを条件に不受理申出の取り下げるなんて言われたとしても、今後の生活を考えるなら応じるべきではありません。